Top > ゲルググM(シーマ機)


TITLE:ゲルググM(シーマ・ガラハウ機)

//table編集用開始のコマンドです。
#table_edit2(,table_mod=close){{{

//新規ページを編集する際には、必ず数値をゲーム上のものと確認してください
//他ページからコピペしたりすると、微妙に違ったりするものがあります

#include(機体個別注釈,notitle)
|CENTER:BGCOLOR(Black):150|BGCOLOR(#555):COLOR(White):120|RIGHT:60|RIGHT:COLOR(Red):60|BGCOLOR(#555):COLOR(White):120|RIGHT:60|RIGHT:COLOR(Red):60|c
|&ref(./ゲルググM(シーマ機).png,nolink);|アーマー|1,980|2,276|ブーストチャージ|270|310|
|&ref(./ゲルググM(シーマ機).png,nolink);|アーマー|2,000||ブーストチャージ|270|310|
|~|最高速度|1,138|1,308|積載量|2,040|2,651|
|~|ブースト容量|1,400|1,609|緊急帰投性能|227|455|
|~|機体タイプ|強襲||地形タイプ|地・宇||
|~|COST|340||TIME|400|467|
|~|シールド|1,340||手持|可能||
|~|シールド|1,400||手持|可能||
|~|スロット数|3(5)||M-COST|20||
|~|ダウンゲージ|600/1200|||||

ゲルググMを指揮官用にカスタマイズした機体。
ベース機よりも全般的に性能が向上し、連射性能に優れた大型のビーム・ライフルを主力武装に持つ。
//ゲーム内公式機体解説文章です。主観的内容はここに書かないで下さい。

#contents

*実装・特徴・比較 [#include]

実装日:2015年04月28日([[DXガシャコン第22弾>ガシャコン/DXガシャコン/Vol22]])
入手方法:[[ショップ販売>設計図#z4245528]]&ref(画像置場/レンタル要請書.png,nolink,40%);100,000GP、&ref(画像置場/ノーマル設計図.png,nolink,80%);250,000GP、&ref(画像置場/ゴールド設計図.png,nolink,80%);5,000,000GP
       [[ガシャコン>ガシャコン/ガシャコン]]
       DXガシャコン[[Vol.40>ガシャコン/DXガシャコン/Vol40]]、[[ピックアップ>ガシャコン/DXガシャコン/ピックアップ]]
#br
-特徴
着地時の反動を軽減し、敵機を撃破すると弾薬補充できる固有のバトルアシストモジュール「宇宙の蜉蝣」を搭載する、高い積載量値を持つ強襲機。
バズーカなど重い一撃を発揮する武装はないが、アクションキーにより戦闘中に武器モードが切り替わるビームライフルや、
ゲルググM譲りの内蔵マシンガンなどを装備できる。
-性能
先行量産型ゲルググに近い性能を持ち、積載量とブースト容量が特に優れている。
ブーストチャージや最高速度は実用的な範囲内に収まっているものの、緊急帰投が高コスト機の中でも非常に低い。
緊急帰投は2015年5月現在、139のガンダム試作2号機、ガンタンクに次ぐ2位の低さである。
固有モジュールにより着地時の硬直が軽減されており、ブースト性能と相まって軽快な移動が出来る。
しかし、ゲルググ系のMSにもれず被弾面積は大きく、慎重な立ち回りは必須となる。
-武装
// 怯みのとれる射撃武装は所持していないものの特徴的な装備を複数搭載している。
ビームライフルは一挺でフルオート式と単発式の両方を使い分けることが可能。
単発式でも弾数がフルオート式と変わらないため、他の単発式ビームライフルに比べてマガジン火力が高い。
しかし重量は一般的な強襲用ビームライフルFA系列と同等で非常に重く、本機の積載量であってもバランス確保に負荷が掛かる。
金図専用武器には圧倒的なDPSを誇る照射型ビームライフルが追加されるが、弾数が少なく、射程が非常に短いデメリットも持つ。
だが、固有モジュールには弾薬回復効果があり、継続的な戦闘をサポートしてくれる。
-比較
&color(Red){調整により数値が異なる場合がありますのでご注意下さい。};

|>|>|>|CENTER:COLOR(White):|BGCOLOR(#ddd):|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|RIGHT:|c
|軍|地|水|宇|BGCOLOR(#555):COLOR(white):CENTER:名称|CENTER:CO&br;ST|CENTER:TI&br;ME|CENTER:手&br;持|CENTER:アー&br;マー|CENTER:シー&br;ルド|CENTER:最高&br;速度|CENTER:ブースト&br;容量|CENTER:ブースト&br;チャージ|CENTER:積載&br;量|CENTER:緊急&br;帰投|CENTER:スロ&br;ット|h
|BGCOLOR(Maroon):ジ|BGCOLOR(#6d3e00):地||BGCOLOR(#343434):宇|[[ゲルググM]]|280|190|可|1800|990|1119|1320|230|1740|364|6|
|BGCOLOR(Maroon):ジ|BGCOLOR(#6d3e00):地||BGCOLOR(#343434):宇|&color(Red){ゲルググM(シーマ機)};|340|400|可|&color(Red){1980};|&color(Red){1340};|&color(Red){1138};|&color(Red){1400};|&color(Red){270};|&color(Red){2040};|&color(Red){227};|&color(Red){3(5)};|
|BGCOLOR(Navy):連|BGCOLOR(#6d3e00):地||BGCOLOR(#343434):宇|[[ガンダム試作4号機]]|340|400|可|1930|1040|1138|1340|270|1730|318|3|
|BGCOLOR(Maroon):ジ|BGCOLOR(#6d3e00):地||BGCOLOR(#343434):宇|[[高機動型ゲルググ]]|340|400|可|1900|1040|1157|1220|290|1830|318|3|
※統合整備計画2/24実施前の数値

*特性候補 [#tokusei]

|BGCOLOR(#ddd):|450|c
|CENTER:BGCOLOR(#555):&ref(画像置場/特性.png,nolink);|~効果|h
|[[ビームシューター>機体特性#ac7d5b99]]|ビーム・メガ粒子砲系武器で与えるダメージが上昇|
|[[ウィークシューター>機体特性#oa9329fc]]|ヘッドショット、またはバックショット時のダメージの増加|
|[[クイックリロード>機体特性#xa195595]]|リロード時間が短縮|

*武器-性能 [#weapon]

**110mm速射砲 [#weapon01]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|~名称|重量|弾数|モード|ダウン&br;ポイント|威力|集弾性能|連射速度|射程距離|リロード&br;時間|ロックオン|h
|&ref(./110mm速射砲.png,nolink);|110mm速射砲|260|30/150|フル|49|1,050&br;&color(Red){(1,155)};|940&br;&color(Red){(952)};|1,466|570&br;&color(Red){(627)};|780&br;&color(Red){(824)};|780|
|~|110mm速射砲H改|290|35/175|フル|49|850&br;&color(Red){(935)};|980&br;&color(Red){(984)};|1,466|660&br;&color(Red){(726)};|800&br;&color(Red){(840)};|820|
|~|110mm速射砲M改|310|60/300|フル|32|900&br;&color(Red){(990)};|900&br;&color(Red){(920)};|1,480|540&br;&color(Red){(594)};|680&br;&color(Red){(744)};|760|
|~|110mm速射砲F改|340|20/100|フル|49|1,250&br;&color(Red){(1,375)};|880&br;&color(Red){(904)};|1,466|510&br;&color(Red){(561)};|760&br;&color(Red){(808)};|760|

-解説
右腕に内蔵されたフルオート式マシンガン。
連射速度を1472(無印,H改,F改)か1486(M改)まで強化すると、連射が一段階増しDPSが向上する。
※クライアント上では表示されない小数点以下の切り上げなども存在するため、境界値になった場合しっかりゲーム内で確認を。
2017/10/18アップデートで性能が変化した。
連射速度とロックオンは向上したが、マガジン数・DPが減少した。


#region(タイプ別DPS比較)

|CENTER:BGCOLOR(#555):COLOR(White):160|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|c
||>|>|>|CENTER:DPS|>|CENTER:マガジン火力|h
|タイプ|無強化|威力MAX強化|連射1段階強化|威力MAX・連射1段階強化|無強化|威力MAX|h
|N|6,300|6,930|約7,003|約7,703|31,500|34,650|
|H|5,100|5,610|約5,669|約6,236|29,750|32,725|
|M|約6,003|約6,603|6,750|7,425|54,000|59,400|
|F|7,500|8,250|約8,337|約9,171|25,000|27,500|
|テトラ,右ガトN|約7,333|約8,067|8,250|9,075|22,000|24,200|
|テトラ,右ガトH|約5,670|約6,233|6,375|約7,013|25,500|28,050|
|テトラ,右ガトF|約9,333|約10,267|10,500|11,550|21,000|23,100|
|テトラ,左ガドN|約6,857|約7,543|8,000|8,800|12,000|13,200|
|テトラ,左ガトM|約6,000|約6,600|7,000|約7,700|17,500|19,250|
|テトラ,左ガトF|約7,714|約8,485|9,000|9,900|9,000|9,900|

#endregion
**3点式MMP-80マシンガン [#weapon02]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|~名称|重量|弾数|モード|ダウン&br;ポイント|威力|集弾性能|連射速度|射程距離|リロード&br;時間|ロックオン|h
|&ref(./MMP-80マシンガン.png,nolink);|3点式MMP-80マシンガン|230|27/189|三点|52|1,250|900|1,484|600|760|740|
|~|3点式MMP-80マシンガンM|280|48/336|三点|52|1,150|880|1,484|570|660|720|
|~|3点式MMP-80マシンガンF|320|21/147|三点|52|1,450|840|1,484|540|740|700|

-解説
1クリックで3発発射される3点式マシンガン。
普通の3点式より威力は高いが、集弾性能・リロード時間・ロックオンが低い。
-タイプ別解説
--3点式MMP-80マシンガン
マシンガンの中では最軽量。中距離向き。
--3点式MMP-80マシンガンM
弾数強化型。マガジン火力と継戦能力に優れる。
--3点式MMP-80マシンガンF
威力強化型。一発の威力が高く、瞬間火力に優れるがマガジン火力は劣る。

**MNG-110ビーム・ライフル [#weapon03]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|BGCOLOR(#555):COLOR(White):55|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|>|~名称|重量|弾数|モード|ダウン&br;ポイント|威力|集弾性能|射程距離|リロード&br;時間|ロックオン|h
|&ref(./MNG-110ビームライフル.png,nolink);|MNG-110ビーム・ライフル|TYPE-A|520|25/150|フル|89|1,600&br;&color(Red){(1,760)};|940&br;&color(Red){(952)};|510&br;&color(Red){(561)};|700&br;&color(Red){(760)};|740&br;&color(Red){(888)};|
|~|~|TYPE-B|~|~|単発|150|2,200&br;&color(Red){(2,420)};|940&br;&color(Red){(952)};|750&br;&color(Red){(825)};|~|740&br;&color(Red){(888)};|
|~|MNG-110ビーム・ライフルH型|TYPE-A|580|25/150|フル|89|1,400&br;&color(Red){(1,540)};|960&br;&color(Red){(968)};|570&br;&color(Red){(627)};|640&br;&color(Red){(712)};|760&br;&color(Red){(912)};|
|~|~|TYPE-B|~|~|単発|150|1,800&br;&color(Red){(1,980)};|960&br;&color(Red){(968)};|810&br;&color(Red){(891)};|~|780&br;&color(Red){(936)};|
|~|MNG-110ビーム・ライフルM型|TYPE-A|630|40/240|フル|89|1,500&br;&color(Red){(1,650)};|900&br;&color(Red){(920)};|660&br;&color(Red){(726)};|540&br;&color(Red){(632)};|740&br;&color(Red){(888)};|
|~|~|TYPE-B|~|~|単発|150|1,700&br;&color(Red){(1,870)};|940&br;&color(Red){(952)};|720&br;&color(Red){(792)};|~|740&br;&color(Red){(888)};|
|~|MNG-110ビーム・ライフルF型|TYPE-A|700|15/90|フル|89|1,800&br;&color(Red){(1,980)};|860&br;&color(Red){(888)};|540&br;&color(Red){(594)};|600&br;&color(Red){(680)};|720&br;&color(Red){(864)};|
|~|~|TYPE-B|~|~|単発|150|2,500&br;&color(Red){(2,750)};|900&br;&color(Red){(920)};|720&br;&color(Red){(792)};|~|740&br;&color(Red){(888)};|

-解説
ビームを発射する射撃武器。ビームシューター特性が反映される。
武器モードが2種類あり、アクションキーを押すと切り替え可能。出撃時はTYPE-A。
ビームの色は緑色。
弾数が多く射程距離とリロードに優れるが、全体的に重くロックオンが低いのが欠点。
-TYPE別解説
--TYPE-A
フルオート式。
[[ジーライン(ライトアーマー)]]のショート・ビーム・ライフルFAに似た性能を持つ。
一般的なBRFA系より弾速が速く、一般的な単発BRと同程度の速度。
2015/10/28の調整により、TYPE-A全体の威力&ロックオンアップ、射撃反動軽減調整が入った。
--TYPE-B
単発式。
[[ゲルググM]]のセミオート式BRと比べて集弾と射程に優れ、射撃間隔が短いため連射が効く。エフェクトは緑色のHR。
連射間隔は"盾の有無に関わらず"最短17F(無印)。

-連射速度について
2015/05/27メンテにて、TYPE-A/Bの連射速度、TYEP-Bのエフェクトが変更された。
メンテ前:12F(連射速度1421相当)
メンテ後:10F(連射速度1447相当)
未強化の低速度タイプマシンガンと同速度になり、DPSはそれなりになった。
しかし、射程、ロックオンなどに難がある。
#br

#region(Aタイプ種類別DPS、マガジン火力)

|CENTER:BGCOLOR(#555):COLOR(White):210|CENTER:100|CENTER:100|c
||>|>|CENTER:DPS|>|>|CENTER:マガジン火力|h
|タイプ(A限定)|無強化|威力MAX強化|威力MAX/ビムシュ3|無強化|威力MAX|威力MAX/ビムシュ3|h
|ビーム・ライフル|8,400|9,240|10,694|35,000|38,500|42,350|
|ビーム・ライフルH|7,200|7,920|8,712|30,000|33,000|36,300|
|ビーム・ライフルM|7,800|8,580|9,438|52,000|57,200|62,920|
|ビーム・ライフルF|9,600|10,560|11,616|24,000|26,400|29,040|
|先ゲル,FA|約9,009|約9,909|約10,909||||
|先ゲル,FAM|約7,722|約8,494|約9,343||||
|先ゲル,FAF|約10,296|約11,325|約12,458||||
※&color(Red){比較用の[[先ゲル>先行量産型ゲルググ]]のBRのDPSは連射を1段階強化した前提のものを記載しています。};
※統合整備計画2/24実施前の数値

#endregion
**MNG-110ビーム・ライフル超高出力型 [#weapon04]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|>|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|~名称|重量|弾数|モード|ダウン&br;ポイント|威力|射程距離|リロード&br;時間|h
|&ref(./MNG-110ビームライフル.png,nolink);|&color(Yellow){MNG-110ビーム・ライフル超高出力型};|740|8/16|照射|25|20,000&br;(&color(Red){22,000};)|300&br;(&color(Red){330};)|200&br;(&color(Red){360};)|
#include(解説/レア設計図装備品,notitle)

-解説
照射型の射撃武器。ビームシューター特性が反映される。
照射型ながらしゃがみ不要で、移動しながらでも使用できる。
ロックオン自体は可能だが改造項目には存在せず、グレネイド/クラッカー系でロックオンした時と同程度と精度は極めて悪い。
威力は1秒間照射し続けた際のダメージ(照射型スナイパーライフルと同じで5発分)。
※威力20,000/5発=4,000 4,000*8=32,000(フル強化で35,200)
&color(Silver){集弾性能と弾速の概念が無いため、射程距離がそのまま有効射程距離になる。};
2016.11/09のアップデートで弾速の概念が追加され、限界射程到達までに数発ほど消費するようになった。
威力はあるが、リロード時間も極めて長い点に注意。

**ビーム・サーベル [#weapon05]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|~名称|重量|ダウン&br;ポイント|威力|ロックオン|h
|&ref(./ビーム・サーベル.png,nolink);|ビーム・サーベル|240|400|3,500&br;&color(Red){(3,850)};|740&br;&color(Red){(888)};|
|~|ビーム・サーベル改良型|300|400|4,000&br;&color(Red){(4,400)};|740&br;&color(Red){(888)};|
|~|軽量ビーム・サーベル|180|400|3,000&br;&color(Red){(3,300)};|740&br;&color(Red){(888)};|
|~|ビーム・サーベルD出力強化型|360|400|4,500&br;&color(Red){(4,950)};|740&br;&color(Red){(888)};|

-解説
格闘用武器。標準的なビーム・サーベル。刃の色は黄色。
-通常格闘
--無印,D出力強化型
袈裟斬り→時計回りに回転しながら左袈裟斬り。
--改良型
時計回りに回転しながら左袈裟斬り→袈裟斬り→時計回りに回転斬りし、0時の方向でサーベルを止める。
--軽量
袈裟斬り→左から右へ横薙ぎ。
二段目はD出力強化型のD格と同じ動き。
-D格
--無印,改良型
時計回りに回転しながら左下から右上へ斬り上げ。
移動距離は改良型が102m程度で、前方射程は95m。
見た目どおり、出がかりから中盤にかけての自機右側、終わり際の左側に判定がない。
--軽量型
時計回りに回転しながら左袈裟斬り。
--D出力強化型
左から右へ薙ぎ払うように斬る。
ゲルググMと同じモーションで、振りが遅い分判定が伸びるタイプ。
移動距離、前方射程共に115m程。
出始めは自機左側に判定があり、終わり際は右にある(要検証)。
敵機を自機左側に捉えて振るとあてやすい。

**ハンドグレネイド [#weapon06]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|~名称|重量|弾数|ダウン&br;ポイント|威力|リロード&br;時間|効果範囲|h
|&ref(./ハンドグレネイド.png,nolink);|ハンドグレネイド|130|1/7|939|6,500|760|5,000|
|~|ハンドグレネイドM型|90|1/12|925|5,500|820|4,167|
|~|ハンドグレネイドF型|180|1/4|947|7,500|700|5,833|
#include(解説/ハンドグレネイド,notitle)
- 特徴
投げる動作が下手投げになっており、他機とは軌道が若干異なる点に注意。

**その他 [#other]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|BGCOLOR(#555):COLOR(White):~名称|重量|取外し|耐久値|h
|&ref(./ゲルググシールド.png,nolink);|ゲルググシールド|550|可能|1,340|
|&ref(./ゲルググシールド.png,nolink);|ゲルググシールド|550|可能|1,400|

-解説
ビームコーティングが施された専用シールド。
一般的な強襲型ゲルググ系用の盾よりも硬く、[[ガンダム NT-1]]の盾と同性能。
ビームコーティングが施された専用シールド。ビーム属性ダメージを25%軽減する。
一般的な強襲型ゲルググ用の盾よりも硬く、[[ガンダム NT-1]]の盾と同性能。

**宇宙の蜉蝣 [#other2]

-解説
スロット2、コストCT+0のモジュールとして搭載。
&color(Red){機体固有のシステムなので取り外しは不可。};そのため他モジュールとは別枠扱い。
MS撃破時に弾薬が10%回復する。また、着地後の反動を軽減する。
&color(Red){弾薬の回復は撃破された敵MSが大破(爆散)した時点で行われる。};撃破された敵MSが敵支援によって復帰させられた場合、弾薬の回復は行われない点に注意。
尚、演習では大破させなくても回復する模様(不具合?)
着地後の反動軽減はバトルアシストモジュールの「着地姿勢制御II」をつけることによって硬直が気にならない程度まで軽減される。
#br
#br
「宇宙の蜉蝣」とはシーマが主人公となるCDシネマのタイトルである。
なお、「そらのかげろう」と読む。

*装備制限一覧表 [#restriction]

//同じ画像でも、開発順が別になるものは分けてください。

|BGCOLOR(#333):COLOR(White):|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|>|>|>|>|>|CENTER:25|RIGHT:40|c
|>|~名称|>|>|>|>|>|~制限カテゴリ|CENTER:~重量|h
|>|~|~A|~B|~C|~D|~E|~F|~|h
|&ref(./110mm速射砲.png,nolink);|110mm速射砲|○||||||260|
|~|110mm速射砲H改|○||||||290|
|~|110mm速射砲M改|○||||||310|
|~|110mm速射砲F改|○||||||340|
|&ref(./MMP-80マシンガン.png,nolink);|3点式MMP-80マシンガン||○|||||230|
|~|3点式MMP-80マシンガンM||○|||||280|
|~|3点式MMP-80マシンガンF||○|||||320|
|&ref(./MNG-110ビームライフル.png,nolink);|MNG-110ビーム・ライフル|||○||||520|
|~|MNG-110ビーム・ライフルH型|||○||||580|
|~|MNG-110ビーム・ライフルM型|||○||||630|
|~|MNG-110ビーム・ライフルF型|||○||||700|
|&ref(./MNG-110ビームライフル.png,nolink);|&color(Yellow){MNG-110ビーム・ライフル超高出力型};||||○|||740|
|&ref(./ビーム・サーベル.png,nolink);|ビーム・サーベル|||||○||240|
|~|ビーム・サーベル改良型|||||○||300|
|~|軽量ビーム・サーベル|||||○||180|
|~|ビーム・サーベルD出力強化型|||||○||360|
|&ref(./ハンドグレネイド.png,nolink);|ハンドグレネイド||||||○|130|
|~|ハンドグレネイドM型||||||○|90|
|~|ハンドグレネイドF型||||||○|180|


*カラーリング [#color]

#include(カラーリング/ジオン公国軍/ゲルググM(シーマ機),notitle);

*機体解説 [#data]

//引用する場合は法に従って出典と引用範囲の表記をしてください。
型式番号 MS-14Fs
海兵部隊に殆どが配備された[[ゲルググM]]のうち、実質的な司令官であるシーマ・ガラハウ中佐用の機体。
隊長機の慣例に漏れず、頭部にはブレードアンテナを装備し、パーソナルカラーの塗装もされている。
その他にもゲルググMに比べて頭部バルカンの装備など、所々が[[ゲルググJ]]の影響を受けた改装が施されており、火力だけでなくプロペラントタンクを倍にするなど機動性の強化もされている。
また、本機の活躍したU.C.0083当時では貴重であった大型ビーム・ライフルも装備している。
このビーム・ライフルは試験型で、通常射撃のほかに[[大型ビーム・マシンガン>ゲルググJ]]のような速射モードに切り替えが可能である。
MS14Fsと型番号は付いている本機ではあるものの、正式に生産された指揮官用のゲルググなのか、シーマ・ガラハウによるカスタム機体なのかは不明である。
//(ギレンの野望には一般機のMS14Fsが登場する)

#br

&ref(./c_s1377259927_5.jpg,60%);
ジオン公国突撃機動軍海兵上陸部隊(通称:シーマ艦隊)代理司令官シーマ・ガラハウ中佐

#br
#nicovideo(thumb_watch/sm5346783)
~0:40

*コメント [#comment]

#include(コメント注釈,notitle)
【過去ログ】
[[Vol1>Comments/ゲルググM(シーマ機)]] | [[Vol2>Comments/ゲルググM(シーマ機)Vol2]] | [[Vol3>Comments/ゲルググM(シーマ機)Vol3]] | 
----
#pcomment(Comments/ゲルググM(シーマ機)Vol4,reply,10)
&color(Red){''&size(20){※できるだけ改行は控えましょう。(不必要にEnterで行変えない!)};''};
&color(Red){''&size(20){※ツリー化を心がけましょう。(レス書き込む前に(&ref(画像置場/radio.jpg,nolink,ラジオボタン);)をチェック!)};''};
&color(Red){''&size(20){※誹謗中傷・煽り・機動戦士ガンダムオンライン公式の利用規約に反する書き込みは禁止です。};''};
#br

//table編集用終了のコマンドです。
}}}