Top > Zガンダム

Zガンダム の変更点

//table編集用開始のコマンドです。
#table_edit2(,table_mod=close){{{

//新規ページを編集する際には、必ず数値をゲーム上のものと確認してください
//他ページからコピペしたりすると、微妙に違ったりするものがあります

#include(機体個別注釈,notitle)
|CENTER:BGCOLOR(Black):150|BGCOLOR(#555):COLOR(White):120|RIGHT:60|RIGHT:COLOR(Red):60|BGCOLOR(#555):COLOR(White):120|RIGHT:60|RIGHT:COLOR(Red):60|c
|&ref(./Zガンダム.png,nolink);|アーマー|2,530|2,910|ブーストチャージ|300|345|
|~|最高速度|1,176&br;(1,234)|1,352&br;(1,410)|積載量|2,110|2,742|
|~|ブースト容量|1,320|1,517|緊急帰投性能|273|489|
|~|機体タイプ|強襲||地形タイプ|地・宇||
|~|COST|380||TIME|590|625|
|~|シールド|1,520|取外不可|手持|可能||
|~|スロット数|2(8)||M-COST|10||
|~|ダウンゲージ|500/1000|||||

//ゲーム内公式機体解説文章です。主観的内容はここに書かないで下さい。
「Z計画」において開発されたガンダムタイプ初の可変MS。
機動性に優れるウェイブ・ライダー形態への可変機構や多彩な武装を有し、戦場を問わない幅広い運用性を持つ。

#contents

*実装・特徴・比較 [#include]
実装日:2016年04月27日([[DXガシャコンVol.33>ガシャコン/DXガシャコン/Vol33]])
入手方法:DXガシャコン[[ピックアップ>ガシャコン/DXガシャコン/ピックアップ]]
       [[GPガシャコン>ガシャコン/GPガシャコン]]
#br
-性能面
通常時の速度はガンダム試作3号機と同じであり、足回りはガンダム試作3号機より劣るがガンダムNT-1よりは若干勝る。
緊急帰投性能もコスト並みに遅く、ガンダムNT-1と同じ性能のシールドを持つが取り外しは出来ない。
全強襲機中最高の積載量を誇り、武器を3つ(及び強制装備の盾を)装備してもバランス3桁を維持できるほど。
//バランスを犠牲に高火力を手にするか、中距離支援に徹し生存能力をとるか、プレイヤーの戦い方にあわせたカスタマイズ及び十分に注意を払った立ち回りが必要とされる。
//ずば抜けたステータスは無く、360コスト並みの性能と強襲機中最遅レベルの帰投性能である。
////直前の文章と矛盾
ウェイブ・ライダー形態では最大強化時で速度1410程度、ケンプファーらより若干遅い速度だが飛行能力を得る。
変形した瞬間はGP01Fbよりも驚異的な加速が可能だが、SFSのように旋回に時間がかかるため俊敏な回避行動は取れない。
//使い所を間違えると敵陣上空で長時間身を晒してしまうことになりかねないので気をつけること。
//文面が長くなってきてしまったので注意事項等は不要
ウェイブ・ライダー時はダッシュボタン以外に後退ボタンで速度が低下し、前進ボタンを押し続ける事で速度を戻す事が可能。
初動出撃時の演出がバレルロールする特殊演出になっている。
2017/7/26の更新によりヘッドショット判定がなかった不具合が修正された。
-武装面
ビーム属性のハイパー・メガ・ランチャーは1機を貫通し、特性+MUで最大で攻撃力12750となる。
そしてガンダムNT-1と同じ性能のビームライフルを持つ。
爆発属性のハイパー・メガ・ランチャー(ブラスト弾)は、特性+MUで最大で攻撃力14760となり、さらに弾速もスーパーガンダムの持つ同種のBZより速くなっている。
腕部グレネード・ランチャーは内臓版180㎜キャノンやマゼラトップ砲上位互換とも言える火力と弾速強化版。
威力・重量は通常のビームサーベルと同じだが攻撃範囲の広いロング・ビームサーベルやチャージ・ビームサーベルなどがある。

-比較
&color(Red){調整により数値が異なる場合がありますのでご注意下さい。};

|>|>|>|CENTER:COLOR(White):|BGCOLOR(#ddd):|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|RIGHT:|c
|軍|地|水|宇|BGCOLOR(#555):COLOR(white):名称|CENTER:CO&br;ST|CENTER:TI&br;ME|CENTER:手持|CENTER:ダウン&br;ゲージ|CENTER:アー&br;マー|CENTER:シー&br;ルド|CENTER:最高&br;速度|CENTER:ブースト&br;容量|CENTER:ブースト&br;チャージ|CENTER:積載&br;量|CENTER:緊急&br;帰投|CENTER:スロ&br;ット|CENTER:M-C&br;OST|h
|BGCOLOR(Navy):連|BGCOLOR(#6d3e00):地||BGCOLOR(#343434):宇|[[Zガンダム3号機]]|360|490|可|Lv1|2430|&color(Red){1520};|1176|1300|280|1900|273|3(7)|10|
|BGCOLOR(Navy):連|BGCOLOR(#6d3e00):地||BGCOLOR(#343434):宇|&color(Red){Zガンダム};|380|590|可|Lv1|2530|&color(Red){1520};|1176|1320|300|2110|273|2(8)|10|
|BGCOLOR(Navy):連|BGCOLOR(#6d3e00):地||BGCOLOR(#343434):宇|[[デルタプラス]]|380|590|&color(Red){不可};|Lv1|2480|&color(Red){1520};|1185|1280|320|1790|273|2(8)|10|
|BGCOLOR(Maroon):ジ|BGCOLOR(#6d3e00):地||BGCOLOR(#343434):宇|[[バウ(グレミー機)]]|380|590|可|Lv1|2430|&color(Red){1520};|1176|1320|300|1830|273|2(8)|10|


*特性候補 [#tokusei]

|BGCOLOR(#ddd):|450|c
|CENTER:BGCOLOR(#555):&ref(画像置場/特性.png,nolink);|~効果|h
|[[ビームシューター>機体特性#ac7d5b99]]|ビーム・メガ粒子砲系で与えるダメージが上昇|
|[[ロケットシューター>機体特性#m55f3287]]|バズーカ・榴弾系武器で与えるダメージが上昇|
|[[クイックスイッチ>機体特性#q6a90e6b]]|武器の切り替え時間を短縮し、切り替え後の一定時間威力が上昇する|

-ビームシューター
ビーム・ライフル系、ビーム・ライフルFA系
ハイパー・メガ・ランチャーに適用される。
-ロケットシューター
ハイパー・メガ・ランチャー(ブラスト弾)、グレネード・ランチャー(炸裂弾)各種に適用される。
-クイックスイッチ
持ち替えが発生する武器の切り替えが早くなり、全ての威力が一定時間上がる。
一定時間内に発射された弾は着弾まで効果が続き、Zは全ての武器がクイックスイッチ対象。
//HMLとBRへの持ち替えが早くなることから、盾が機能できない時間を減らすことで防御面を底上げできるが、本機は最高コストである為どうしても他の2つと比べると厳しい現実を突きつけられてしまう。
//感想ではなく効果を書こうよ

*武器-性能 [#weapon]

**頭部バルカン [#weapon01]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|~名称|~重量|~弾数|~モード|ダウン&br;ポイント|威力|~集弾性能|~連射速度|~射程距離|~リロード&br;時間|~ロックオン|h
|&ref(./頭部バルカン.png,nolink);|頭部バルカン|200|45/270|フル|58|700&br;(&color(Red){770};)|920&br;(&color(Red){936};)|1,466&br;(&color(Red){1,477};)|510&br;(&color(Red){561};)|860&br;(&color(Red){888};)|780&br;(&color(Red){936};)|
|~|頭部バルカン改良H型|230|55/330|フル|58|550&br;(&color(Red){605};)|960&br;(&color(Red){968};)|1,466&br;(&color(Red){1,477};)|570&br;(&color(Red){627};)|880&br;(&color(Red){904};)|820&br;(&color(Red){984};)|
|~|頭部バルカン改良M型|250|70/490|フル|58|650&br;(&color(Red){715};)|940&br;(&color(Red){952};)|1,466&br;(&color(Red){1,477};)|480&br;(&color(Red){528};)|820&br;(&color(Red){856};)|760&br;(&color(Red){912};)|
#include(解説/頭部バルカン改良,notitle)
-百式の同名武器と同性能。
無印はMAXDPSが5,775程とそれなりの威力を持っている。


**ビーム・ライフル [#weapon02]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|~名称|~重量|~弾数|~モード|ダウン&br;ポイント|威力|~集弾性能|~射程距離|~リロード&br;時間|~ロックオン|h
|&ref(./ビーム・ライフル.png,nolink);|ビーム・ライフル|420|14/56|単発|178|3,250&br;(&color(Red){3,355};)|960&br;(&color(Red){968};)|780&br;(&color(Red){858};)|680&br;(&color(Red){744};)|740&br;(&color(Red){888};)|
|&ref(./ビーム・ライフル.png,nolink);|ビーム・ライフル|420|14/56|単発|178|3,250&br;(&color(Red){3,575};)|960&br;(&color(Red){968};)|780&br;(&color(Red){858};)|680&br;(&color(Red){744};)|740&br;(&color(Red){888};)|
|~|ビーム・ライフルH|460|16/64|単発|178|3,000&br;(&color(Red){3,300};)|980&br;(&color(Red){984};)|840&br;(&color(Red){924};)|700&br;(&color(Red){760};)|780&br;(&color(Red){936};)|
|~|ビーム・ライフルF|500|8/32|単発|178|3,750&br;(&color(Red){4,125};)|920&br;(&color(Red){936};)|750&br;(&color(Red){825};)|640&br;(&color(Red){712};)|700&br;(&color(Red){840};)|

-解説
ビームを発射するセミオート式の射撃武器。通称BR。
Cost360~380の強襲が持つ、高威力の一般的な強襲型ビームライフル。
発射音はZガンダムならではの特徴的なSEで再現されている。
WR形態時には機体上部にマウントされ、装備していれば武器選択していなくてもグラフィックに反映される。
また、その際には持ち替えが発生しなくなる。フルオート版も同様。
弾頭はマシンガンの実弾より僅かに大きい。
-タイプ別解説
--ビーム・ライフル
バランス型。この中では最軽量。
弾数も十分にあり、威力もそれなりに高く扱いやすい。
--ビーム・ライフルH
命中強化型。M型が無いため、弾数が一番多くマガジン火力も高い。
少し重く威力も低いが、射程など他のスペックが軒並み高い。
--ビーム・ライフルF
威力強化型。威力は高いが弾数が減っている。
集弾性能とロックオンが低く、敵に接近しないと命中させづらい。


**ビーム・ライフルFA [#weapon03]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|~名称|重量|弾数|モード|ダウン&br;ポイント|威力|集弾性能|連射速度|射程距離|リロード&br;時間|ロックオン|h
|&ref(./ビーム・ライフル.png,nolink);|ビーム・ライフルFA|520|18/72|フル|130|2,500&br;(&color(Red){2,750};)|960&br;(&color(Red){968};)|1,421&br;(&color(Red){1,437};)|690&br;(&color(Red){759};)|600&br;(&color(Red){680};)|740&br;(&color(Red){888};)|
|~|ビーム・ライフルFAM|620|35/140|フル|130|1,950&br;(&color(Red){2,145};)|960&br;(&color(Red){968};)|1,421&br;(&color(Red){1,437};)|660&br;(&color(Red){726};)|500&br;(&color(Red){600};)|720&br;(&color(Red){864};)|
|~|ビーム・ライフルFAF|700|10/40|フル|130|2,800&br;(&color(Red){3,080};)|920&br;(&color(Red){936};)|1,421&br;(&color(Red){1,437};)|660&br;(&color(Red){726};)|500&br;(&color(Red){600};)|700&br;(&color(Red){840};)|

-解説
ビームを連射するフルオート式の射撃武器。通称BRFA。
普通の高コスト強襲用BRFAより連射速度と弾速が速い。
連射速度を1,433まで強化すると、連射が一段階増す(秒間5秒→秒間5.45発)。
※クライアント上では表示されない小数点以下の切り上げなども存在するため、境界値になった場合しっかりゲーム内で確認を。
弾頭はマシンガンの実弾より僅かに大きい。
//2018/05/23の調整により、連射速度が1421に増加し、弾速も向上した。
-タイプ別解説
--ビーム・ライフルFA
バランス型。中・近距離戦に向いている。
ビームシューターであれば更に使い勝手が増す。
--ビーム・ライフルFAM
弾数強化型。マガジン火力はBR系の中で最高だが単発火力は最も低い
中距離でのばら撒きや牽制に向いた性能をしている。
--ビーム・ライフルFAF
威力強化型。威力が非常に高く、拠点攻撃には最適。
しかし集弾性が低いので、有効射程がかなり短く、動きまわる敵機には当てにくい。
また、重量が最も重い。

#br
#region(DPS一覧)
|CENTER:BGCOLOR(#555):COLOR(White):50|CENTER:|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|c
|タイプ|威力|>|>|>|CENTER:DPS|>|CENTER:ビームシューター時の最大DPS|>|CENTER:DPPS|>|CENTER:マガジン火力|>|CENTER:マガジン撃ち切り時間|h
|~|~|無強化|威力MAX強化|連射1段階強化|威力MAX・連射1段階強化|ビムシュ3|ビムシュ5|連射無改造|連射改造後|威力無改造|威力最大|連射無改造|連射改造後|h
|N|2100|10500|11550|11445|12590|13848|14479|650|708|37800|41580|3.6秒|3.3秒|
|M|1800|9000|9900|9810|10791|11870|12409|650|708|63000|69300|7.0秒|6.4秒|
|F|2400|12000|13200|13080|14388|15826|16546|650|708|24000|26400|2.0秒|1.8秒|

※参考・Zガンダム3号機の斉射式頭部バルカンのDPS・DPPS表
|CENTER:BGCOLOR(#555):COLOR(White):180|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|c
||>|>|>|CENTER:DPS|>|CENTER:DPPS|>|CENTER:マガジン火力|h
|タイプ|無強化|威力MAX強化|連射1段階強化|威力MAX・連射1段階強化|無強化|連射1段階強化|無強化|威力MAX|h
|N|10,500|11,550|12,000|13,200|720|823|21,000|23,100|
|H|9,000|9,900|10,286|11,314|~|~|24,000|26,400|
|M|9,750|10,725|11,143|12,257|~|~|45,500|50,050|
#endregion

**ハイパー・メガ・ランチャー [#weapon04]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|~名称|重量|弾数|モード|ダウン&br;ポイント|威力|集弾性能|射程距離|リロード&br;時間|ロックオン|h
|&ref(./ハイパー・メガ・ランチャー.png,nolink);|ハイパー・メガ・ランチャー|740|1/5|単発|720|11,500&br;(&color(Red){12,650};)|640&br;(&color(Red){712};)|720&br;(&color(Red){792};)|600&br;(&color(Red){680};)|700&br;(&color(Red){840};)|

-解説
通称HML。
最大1機を貫通する高威力のビーム砲であり、ビームシューター特性が適用される。
地面に触れると判定が消失し、エフェクト表示はあるものの爆風自体は発生しない。
弾速が速く対空性能が高い一方で、対地攻撃にも精度が要求されることになる。
集弾性能の強化幅が抑えられているBZとは異なり、射程より集弾性能を伸ばすほうが精度への寄与が大きい。
WR形態時には機体下部にマウントされ、持ち替えが発生しない。
弾速は1525m/s。弾頭はほぼ見た目通りの大きさ。
2017/08/23の調整によりDPが428→720となり確実に怯みを取れる強力な武器になった。

-反動
万BZより射程が長いぶん実質的な集弾性能は上であるが、大きな反動の存在が長距離狙撃を難しいものとしている。
この反動は[[各種検証>各種検証#Recoil]]に詳述されるように、視線を動かしている最中は上下逆に発生し、かつこの武器においては発射前(構える前)に適用されるため、弾道が予測しづらい。

//&color(Red){調べた限りでは、ビームスプレーガンを含むビーム系の武器や3点マシンガン・拡散式バズーカは射撃モーションの時点でレティクルが上にズレてから発射をする、全て調べたわけではないが実弾系のバズーカや試作4号機の速射式ビームライフルでは発射後の反動しか確認出来なかった。};

**ハイパー・メガ・ランチャー(ブラスト弾) [#weapon05]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|~名称|~重量|~弾数|~モード|ダウン&br;ポイント|威力|~集弾性能|~射程距離|~リロード&br;時間|~ロックオン|~効果範囲|h
|&ref(./ハイパー・メガ・ランチャー.png,nolink);|ハイパー・メガ・ランチャー&br;(ブラスト弾)|580|1/11|単発|473|7,000&br;(&color(Red){7,700};)|760&br;(&color(Red){784};)|810&br;(&color(Red){891};)|700&br;(&color(Red){760};)|760&br;(&color(Red){912};)|3,750&br;(&color(Red){4,125};)|
|~|ハイパー・メガ・ランチャー&br;(ブラスト弾)M|640|3/24|単発|441|4,500&br;(&color(Red){4,950};)|800&br;(&color(Red){820};)|810&br;(&color(Red){891};)|560&br;(&color(Red){648};)|800&br;(&color(Red){960};)|3,333&br;(&color(Red){3,667};)|
|~|ハイパー・メガ・ランチャー&br;(ブラスト弾)F|760|1/4|単発|477|11,000&br;(&color(Red){12,100};)|640&br;(&color(Red){676};)|690&br;(&color(Red){759};)|600&br;(&color(Red){680};)|740&br;(&color(Red){888};)|3,750&br;(&color(Red){4,125};)|

- 解説
特性ロケットシューターが適用されるバズーカ系爆発武装。
万バズよりもさらに高威力で、弾数が多く、弾速も早い。
弾速は一般の強襲用バズーカの約1.2倍あり、M型が一般の750m/sに対して900m/s、他が500m/sに対して600m/sでチャージ・バズーカに匹敵する。
弾速以外のカタログスペックは[[スーパーガンダム]]のロングライフル(ブラスト弾)と同等。
WR形態時には機体下部にマウントされ、持ち替えが発生しない。

#br

#region(F型の威力)
|CENTER:BGCOLOR(#555):COLOR(White):|>|RIGHT:|c
|ロケット強化ユニット|BGCOLOR(#555):COLOR(White):MU無し|BGCOLOR(#555):COLOR(White):MUあり(7%)|
|ロケットシューター特性なし|12,100|12,947|
|クイックスイッチLv1(1%)|12,221|13,068|
|クイックスイッチLv3(3%)|12,463|13,310|
|ロケシュLv1(5%)orクイックスイッチLv5(5%)|12,705|13,552|
|ロケシュLv2(7%)|12,947|13,794|
|ロケシュLv3(10%)|13,310|14,157|
|ロケシュLv4(12%)|13,552|14,399|
|ロケシュLv5(15%)|13,915|14,762|
//ロケットシューターLv1は最大で威力12705、ロケット強化ユニットも適用した場合は威力13552
//ロケットシューターLv3はでは13310、ロケット強化ユニットを足せば14157となる。
//ロケットシューターLv5+ロケット強化ユニットでは14762となり、ビームシューターでもはロケット強化ユニットを適用すれば威力12947となる。
//クイックスイッチLv3+ロケット強化ユニットならばロケットシューターLv3と同じ火力を出せるチャンスがある
クイックスイッチ威力上昇については一定時間内に発射された弾が着弾するまで効果が発生する。
#endregion
**ロング・ビームサーベル [#weapon06]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|~名称|~重量|ダウン&br;ポイント|威力|~ロックオン|h
|&ref(./ロング・ビームサーベル.png,nolink);|ロング・ビームサーベル|240|400|6,500&br;(&color(Red){7,150};)|740&br;(&color(Red){888};)|
|~|ロング・ビームサーベル改良型|300|400|7,000&br;(&color(Red){7,700};)|740&br;(&color(Red){888};)|
|~|ロング・ビームサーベル軽量型|180|400|6,000&br;(&color(Red){6,600};)|740&br;(&color(Red){888};)|
|~|ロング・ビームサーベルD出力強化型|360|400|7,500&br;(&color(Red){8,250};)|740&br;(&color(Red){888};)|

-解説
ビームライフルの先から出ている銃剣の様なサーベル。
ビームライフルからの持ち替えは普通に発生する。期待しない様に。
持ち手のライフル部分にもシッカリ判定があるので、穴の無い広い攻撃範囲となる。
ダッシュ格闘は振り始めるのが踏み込み終了間近と遅く、踏み込みの速度も改良型以外が[[ガンダム試作3号機]]並に遅め。
また、一部の動作にはドムの様に一時的に壁などにめり込む性質がある。
ノーマル…D格
改良型…通常格闘3段目
軽量型…D格
D出力強化型…通常格闘2段目
-タイプ別解説
--ロング・ビームサーベル(N)
通常格闘は2段、右袈裟斬り→左一文字。
D格は3倍1段、右一文字。
--ロング・ビームサーベル改良型
通常格闘は3段、右袈裟斬り→左一文字10m→右一文字。
D格は3倍1段、唐竹割り。
--ロング・ビームサーベル軽量型
通常格闘は2段、右袈裟斬り→左一文字。
D格は3倍1段、右一文字。
--ロング・ビームサーベルD出力強化型
通常格闘は3段、唐竹割り→右一文字。
D格は3倍1段、大振りの右袈裟斬り。

**チャージ・ビームサーベル [#weapon07]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|~名称|~重量|ダウン&br;ポイント|威力|~ロックオン|h
|&ref(./チャージ・ビームサーベル.png,nolink);|チャージ・ビームサーベル|550|1,000|15,000&br;(&color(Red){16,500};)|740&br;(&color(Red){888};)|

-解説
威力15000(フルチャージで45000※強化MAXで49900)と高威力、及び強烈な上方判定(100mほど)が魅力的なチャージ格闘。
だが、実際に振るには様々な制約がつく。
・&color(Red){チャージが完了した瞬間に強制的に格闘が発動し、通常格闘やダッシュ格闘は存在しない。};
・&color(Red){オーバーヒート時はチャージすることができない。};
・&color(Red){チャージが完了するまで8秒必要とする。};
・&color(Red){チャージ完了後からサーベルを振り下ろすまでに溜めが存在する。};
以上の理由からピンポイントで敵機体に狙って当てていく使い方は非常に困難である。
なお、チャージ格闘を発動させた瞬間にブーストゲージを450消費する。
-性能
格闘モーションはその場で背後まで大きくサーベルを振りかぶってから一歩踏み込みつつまっすぐ一息に振り下ろすというもの。
通常の格闘とは異なりダッシュ中でも同じモーションを行う。威力倍率は変わらない。
踏み込みは10m程度、前方射程は120mで投げるタイプの格闘を除くサーベル系格闘武器では長めの射程である。
伸びたサーベルを上から下へまっすぐ振り下ろすため上方判定は優秀だが横方向と自機より下への判定は皆無。
サーベルを振りかぶるモーションが長く、前方に判定が発生するまでには約0.9秒かかる。
しかし真後ろまでサーベルを振りかぶっているため、真後ろは最も速い0.3秒で判定が発生する。
ただし後方に強いわけではなくほぼ密着状態でなければ当たらないので注意。
敵機体・破壊可能オブジェクトにヒットした場合その地点から紫色の爆発エフェクトが発生するが、ただの演出なため攻撃判定は一切ない。
総じて対固定物用の装備であり、動き回る敵機体に狙って当てていくにはかなりシビアな性能であると言えよう。
オデッサ鉱山基地のA・B拠点のように通常箱型拠点より少し高い固定拠点にも、ジャンプせずにヒットさせられる。
既存のものと仕様が違うものの、一応チャージ格闘という枠組みなので、チャージ中は盾を構えている状態になっている。

**腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾) [#weapon08]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|~名称|~重量|~弾数|~モード|ダウン&br;ポイント|威力|~集弾性能|~射程距離|~リロード&br;時間|~ロックオン|~効果範囲|h
|&ref(./腕部グレネード・ランチャー.png,nolink);|腕部グレネード・ランチャー&br;(炸裂弾)|290|3/24|単発|196|4,500&br;(&color(Red){4,950};)|940&br;(&color(Red){946};)|840&br;(&color(Red){924};)|780&br;(&color(Red){824};)|760&br;(&color(Red){912};)|2,500&br;(&color(Red){2,750};)|
|~|腕部グレネード・ランチャー&br;(炸裂弾)M|320|7/49|単発|184|3,500&br;(&color(Red){3,850};)|960&br;(&color(Red){964};)|840&br;(&color(Red){924};)|720&br;(&color(Red){776};)|760&br;(&color(Red){912};)|2,083&br;(&color(Red){2,291};)|
|~|腕部グレネード・ランチャー&br;(炸裂弾)F|400|2/14|単発|201|5,500&br;(&color(Red){6,050};)|900&br;(&color(Red){910};)|720&br;(&color(Red){792};)|740&br;(&color(Red){792};)|760&br;(&color(Red){912};)|2,917&br;(&color(Red){3,208};)|
|~|&color(Yellow){連射式腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)};|500|2/10|二点|204|5,000&br;(&color(Red){5,500};)|900&br;(&color(Red){910};)|720&br;(&color(Red){792};)|640&br;(&color(Red){712};)|760&br;(&color(Red){912};)|2,500&br;(&color(Red){2,750};)|
#include(解説/レア設計図装備品,notitle)

-解説
右腕から発射するバズーカ系射撃武器。
特性「ロケットシューター」対象。飛行形態では使用不可。
内蔵扱いのため持ち替え動作がないが、発射モーションは 1発ごとに発生する。
(※無印とF型は1射ごとに腕を前に出して戻すモーションが入るが、
 M型のみ一度発射し始めてから連射すると前に腕を出したままなので、若干連射が早い。
 またF型はどんなに連打してもきっちりモーションが入るが、無印は連打を頑張ればやや早めに連射が利く)
金設計図だと2連射出来る連射式腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)がある。
実装当初、一般的なマゼラトップ砲や180mm/170mmキャノンと同じ性能だったが、
調整により威力が500高く、弾速も強化されている。
2017/08/23の調整により威力がさらに500高くなった。
-タイプ別解説
--連射式腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)
2発連続で撃つ。ただしF型より威力が500低く、爆発範囲がわずかに狭まっている。
二点バーストなので対空火器として優秀。
//ロケットシューターであればほとんどの敵をよろけ/撃ち落とすことが可能となる。
//さらに、発射間隔が約12fと速く24f以内なので、ひるみ×2でよろけさせることも出来る。
//威力MAXでバランス+195まで、ロケットシューターLv3でバランス+245まで、
//クイックスイッチLv3だと切り替えで+3%威力が上がり、バランス+210まではひるませられる。

**その他 [#other]

|BGCOLOR(#222):98|BGCOLOR(#555):COLOR(White):170|>|>|CENTER:60|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|BGCOLOR(#555):COLOR(White):~名称|~重量|~取外し|~耐久値|h
|&ref(./Zガンダム専用シールド.png,nolink);|Zガンダム専用シールド|550|&color(Red){不可};|1,520|

-解説
ビームコーティングが施された盾。ビーム属性ダメージを25%軽減する。
変形に必要なため取り外しできない。


**バイオ・センサー [#other02]

-解説
スロット2、コスト+0のモジュールとして搭載。
&color(Red){機体固有のシステムなので取り外しは不可。そのため他モジュールとは別枠扱い。};
機体の歩行移動、飛行形態を含めるブースト未使用時の移動速度が25%上昇する。
着地の反動を軽減する。
//効果が重複するため、
(モジュール【通常移動制御】は装備不可能)

**可変機構 [#other03]

-解説
スロット4、コスト+0のモジュールとして搭載。
&color(Red){機体固有のシステムなので取り外しは不可。そのため他モジュールとは別枠扱い。};
アクションキーで変形し、飛行形態になる。飛行形態中は最高速度が上昇し、ブーストダッシュ中のブースト消費量が軽減。
可変時に一定時間、通常移動速度、ブースト移動速度が上昇する。
【飛行形態中】基本最高速度+5%、飛行形態中は一部武器の使用が制限される。

*装備制限一覧表 [#restriction]

//同じ画像でも、開発順が別になるものは分けてください。

|BGCOLOR(#333):COLOR(White):|BGCOLOR(#555):COLOR(White):|>|>|>|>|>|CENTER:25|c
|>|~名称|>|>|>|>|>|~制限カテゴリ|h
|>|~|~A|~B|~C|~D|~E|~F|h
|&ref(./頭部バルカン.png,nolink);|頭部バルカン|○||||||
|~|頭部バルカン改良H型|○||||||
|~|頭部バルカン改良M型|○||||||
|&ref(./ビーム・ライフル.png,nolink);|ビーム・ライフル||●|||||
|~|ビーム・ライフルH||●|||||
|~|ビーム・ライフルF||●|||||
|&ref(./ビーム・ライフル.png,nolink);|ビーム・ライフルFA||●|||||
|~|ビーム・ライフルFAM||●|||||
|~|ビーム・ライフルFAF||●|||||
|&ref(./ハイパー・メガ・ランチャー.png,nolink);|ハイパー・メガ・ランチャー|||●||||
|&ref(./ハイパー・メガ・ランチャー.png,nolink);|ハイパー・メガ・ランチャー(ブラスト弾)|||●||||
|~|ハイパー・メガ・ランチャー(ブラスト弾)M|||●||||
|~|ハイパー・メガ・ランチャー(ブラスト弾)F|||●||||
|&ref(./ロング・ビームサーベル.png,nolink);|ロング・ビームサーベル||||○|||
|~|ロング・ビームサーベル改良型||||○|||
|~|ロング・ビームサーベル軽量型||||○|||
|~|ロング・ビームサーベルD出力強化型||||○|||
|&ref(./チャージ・ビームサーベル.png,nolink);|チャージ・ビームサーベル|||||○||
|&ref(./腕部グレネード・ランチャー.png,nolink);|腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)||||||○|
|~|腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)M||||||○|
|~|腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)F||||||○|
|~|&color(Yellow){連射式腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)};||||||○|
●は飛行形態中でも使用可能な武装。

*[[レンタル>レンタル機体]] [#rental]

|CENTER:155|>|>|CENTER:230|c
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):特性|BGCOLOR(#555):COLOR(White):武器スロット1|BGCOLOR(#555):COLOR(White):武器スロット2|BGCOLOR(#555):COLOR(White):武器スロット3|
|ビームシューターLV3|ビーム・ライフルFA|ロング・ビームサーベルD出力強化型|ハイパー・メガ・ランチャー|



*カラーリング [#color]
#include(カラーリング/地球連邦軍/Zガンダム,notitle);
*機体解説 [#description1]
//引用する場合は法に従って出典と引用範囲の表記をしてください。
型式番号 MSZ-006
エゥーゴとアナハイム・エレクトロニクス社による共同開発計画「Ζ計画」で開発された機体の一つ。
[[リック・ディアス]](γガンダム)から数えて4番目に開発されたため、その開発コード「ζ」からΖガンダムと名付けられた。
#br
宇宙世紀0087年、エゥーゴと協力関係にあったアナハイム社はリック・ディアスの完成と同時に次世代の高性能MS開発計画「Ζ計画」をスタートさせる。
[[百式]]、[[メタス]]の試作後、エゥーゴの象徴たる高性能機Ζガンダムの開発に着手し、プロトタイプZを試作したが、エゥーゴが求める性能には到達できず、また機体構造の点から見ても難航していた。
しかし、ティターンズが開発した[[ガンダムMk-Ⅱ]]が同社に持ち込まれたことで状況は一変する。
ガンダムMk-IIに採用されたムーバブルフレームの設計思想は斬新であり、可変MSに要求される機能を十分に備えたものであった。
さらにカミーユ・ビダンによる変形機構やフライングアーマーの発案も加わり、設計は急速に進展していった。
Zガンダムを開発するにあたっての特徴のひとつにメインジェネレーターの搭載位置がある。
複雑な変形機構が集中する胴体部を避け、左右の脛部に搭載したことにより、結果的に分散配置となり片脚を喪失した場合でもある程度の出力が維持できるシステムになった。
さらには、背部にAMBACとスラスターとしての機能を併せ持つロングテール・バーニアスタビライザーを装備、大気圏内外において優れた加速性能を発揮する。
#br
こうして完成したΖガンダムは「ウェイブライダー」と呼ばれる巡航形態への変形能力を有し、バリュートシステムを使わずに標準装備のまま大気圏突入を可能とし、宇宙空間から重力下までの連続運用を可能とする破格の汎用性を実現した。
便宜上第3世代MSに分類されるが、これは既存のMSを大きく凌駕する機能であり、Zガンダムは宇宙世紀0080年代で屈指の完成度を誇るMSとして名を馳せた。
#br
このように優れたパフォーマンスを見せたZガンダムではあったが、複雑な可変システムゆえの高コスト、劣悪な整備性といった問題も残されており、そのままの形で量産化に移行することは不可能であった。
機体挙動自体も非常にピーキーで先鋭的な特性を示し、操作性が低下した点も理由の一つである。
後に簡易サイコミュであるバイオセンサーが搭載されるなど操縦系統に改良が施されているが、根本的に搭乗者を選ぶ傾向に変化はなく、宇宙世紀0091年に完成された系列機リ・ガズィにおいても同様の問題を抱えていたという。
#br
このバイオセンサーについての効果は曖昧な資料しかないが、特定の能力のパイロットのみに最大限に反応したとされる。
グリプス戦役の終盤では、カミーユ・ビダンの宇宙世紀史上最高と言われるニュータイプ能力に機体のバイオセンサーが共鳴し、ビーム兵器の攻撃を弾くオーラを機体に纏い、ビームサーベルを長大に伸展させヤザン・ゲーブルのハンブラビを一撃で斬り裂くなどのスペックを超えた性能を発揮した。
それを目撃したエマ・シーン中尉は死の間際に「Ζガンダムは人の意志を吸収して力に変えることができる」と表現している。

#br

#htmlinsert(youtube,id=m8XwS39C40s)
//#htmlinsert(youtube,id=keOib3Lxt2g)
-小ネタ エゥーゴ誕生と消滅の経緯とグリプス戦役概略(Zガンダムのストーリー)ネタバレ注意
#region(&color(Red){エゥーゴは反連邦組織なのに、Zや百式はなんで連邦なんだ?という原作を知らない意見がちょくちょく出るので、Zガンダム原作の概略。Zガンダム原作を詳しく知っている人は見る必要ないです。};)
元々エゥーゴは宇宙に移民した人々が相互援助を目的とした宇宙生活のための支援組織であり、軍事組織ではなかった。
軍事組織と生まれ変わった原因は、ティターンズである。
宇宙世紀0083のデラーズ紛争をきっかけに、ジオン狩りを目的とした組織ティターンズが誕生するが、彼らは宇宙移民者への差別意識がひどく、宇宙移民者はティターンズに対して非常に大きな反感を持っていた。
そして宇宙世紀0085、30バンチコロニーにて大規模な反ティターンズの集会が発生する。ティターンズはこの集会を鎮圧するため、毒ガスをコロニーに注入し、コロニーの全住民1500万人を皆殺しにすることで集会を鎮圧。
この事件を30バンチ事件と言うが、この事件以降、宇宙移民者達はティターンズに対して武力をもって抵抗すべきだと叫ぶようになる。
この動きに呼応し、地球連邦軍准将ブレックス・フォーラ、月のアナハイム・エレクトロニクスや地球圏に帰還していたシャア、さらにティターンズを快く思わない連邦政府の勢力や
月やコロニーの連邦宇宙軍、「敵の敵は味方」論理により旧ジオン公国のメンバーがエゥーゴに合流して、軍事力を持った連邦政府の組織として生まれ変わる。
そして、宇宙世紀0087に宇宙の人々の意見を代表するエゥーゴと地球の人々の意見を代表するティターンズによる連邦政府の内紛が開始。これがグリプス戦役である。
#br
エゥーゴは反地球連邦と言っているものの、これはティターンズが連邦政府の主流を握っているこの状況に対しての反であり、エゥーゴもれっきとした地球連邦政府の勢力なのである。なにも地球連邦政府を転覆させようと革命思想を持っているわけではない。
エゥーゴの母体となっているのは基本地球連邦政府の勢力であり、そこに月や旧ジオン公国の勢力等が援助をしている、という構造になる。
エゥーゴが使っている機体や艦船を見ると、サラミス改や[[ジムⅡ]]に[[ジム・カスタム]]に[[ジム・キャノンⅡ]]等があげられるが、これらは連邦軍の機体や艦船そのものである。
しかし、エゥーゴがいくられっきとした地球連邦の一員だと言っても、宇宙世紀0087当時ティターンズは連邦政府の主流派であり、誕生したばかりのエゥーゴは非主流派であった。さらに、宇宙移民者の味方をするその性質上、ティターンズの『エゥーゴはジオン残党である』といった情報操作等の影響があり、ジオン残党扱いあるいは連邦の反逆者扱いされてしまう。
この立場が逆転したのがクワトロ(シャア)によるダカールの演説であり、これによりティターンズは連邦政府の主流派から追いやられ、エゥーゴが連邦政府の主流派となる。
#br
その後、エゥーゴはジオン残党のアクシズとの戦い、第1次ネオ・ジオン抗争へと突入していくのである。
エゥーゴは当面の敵であったティターンズが消滅した事、指導者であるブレックスやクワトロが消えた事、連邦の主流派と認められた事により自然とその存在意義が薄くなり、連邦政府に吸収され自然消滅していった。
しかし、これを嫌った旧ジオン公国勢力のエゥーゴ所属の者は、アクシズに合流したり別の反地球連邦組織エグムを立ち上げ、反地球連邦運動を始める事になるのである。
#br
#endregion


#br
*コメント [#comment]
#include(コメント注釈,notitle)
【過去ログ】
[[Vol1>Comments/ZガンダムVol1]] | [[Vol2>Comments/ZガンダムVol2]] | [[Vol3>Comments/ZガンダムVol3]] | [[Vol4>Comments/ZガンダムVol4]] | [[Vol5>Comments/ZガンダムVol5]] | [[Vol6>Comments/ZガンダムVol6]] | [[Vol7>Comments/ZガンダムVol7]]| [[Vol8>Comments/ZガンダムVol8]] | [[Vol9>Comments/ZガンダムVol9]] | [[Vol10>Comments/ZガンダムVol10]]
----
#pcomment(Comments/ZガンダムVol11,reply,20)
&color(Red){''&size(20){※できるだけ改行は控えましょう。(不必要にEnterで行変えない!)};''};
&color(Red){''&size(20){※ツリー化を心がけましょう。(レス書き込む前に(&ref(画像置場/radio.jpg,nolink,ラジオボタン);)をチェック!)};''};
&color(Red){''&size(20){※誹謗中傷・煽り・機動戦士ガンダムオンライン公式の利用規約に反する書き込みは禁止です。};''};
#br

//table編集用終了のコマンドです。
}}}