Top > 開発・強化・ステータス

開発・強化・ステータス
HTML ConvertTime 0.337 sec.

開発 Edit

  • 機体の開発には、「設計図」・「素材」・「メカニックチケット」 が必要となる。
    (設計図は ガシャコン や、戦闘報酬、チャレンジ 等で入手可能)
  • 開発を行うと、設計図を一枚消費する。
  • 機体の開発結果は 「成功」 と 「大成功」 があり、メカニックチケットの種類や部隊補正によって確率が変化する。
    (確率等に関しては、後述のメカニックチケット項を参照)

  メカチケ_0.png  マスチケ_0.png

  • 「大成功」 の場合、機体の初期性能値が 「成功」 時より僅かに上昇する。
    この初期性能値は、機体強化リセットを行ってもなくなることはない。
  • 機体を開発すると、それぞれの機種に応じた機体特性の中からランダムで1種類付与される。
  • 設計図はシルバーとゴールドとエクストラの3種類があり、
    最大機体強化回数や初期の機体特性レベル、アドバンストカスタムの有無、使用素材が異なる。

  オーダー銀.png  オーダー金.png  オーダー紫.png

設計図最大機体
強化回数
開発時
機体特性レベル
アドバンスト
カスタム
開発・強化
素材価格
シルバー20LV1×安価
ゴールド30LV3高価
エクストラ

強化 Edit

強化用素材とチケットを消費することで武器・機体の強化を行える。
機体性能強化の状況により機体のレベルが上がる(レベルは強化状態の目安になる程度、武器はレベルに影響しない)。
各々の強化項目は強化度に応じて成功率が下がる(以下に詳細記載)。

数値は内部で小数点以下の桁も存在し、改造済みの数値が限界値ギリギリだと改造時の強化値で+0と表示されることもある。
同様に、強化に失敗した際に+0が出ることもある(内部的には小数点以下として上昇してる模様)。
最低保障として1は上昇するようになった。

強化の成功度合いによって上昇する割合は、大成功で85%~100%、成功で40%~55%、失敗5%~15%程度である(要検証)。
積載量のパラメータはこれより更に乱数がひどく、大成功でも70%程度しか上昇しないことがある。
強化回数に関わらず、強化上限に達したパラメータは強化不可能になる。
また、大成功して得られる値が強化上限を超える場合でも強化上限値を超えることはない。
例:大成功で+50されるパラメータの上限値が1195として、
  現在の値が1160だった場合、大成功しても強化上限値の1195(+35)までしか増えない。

機体強化効果 Edit

名称強化上限効果
アーマー115%0になると機体が故障(戦闘不能)・大破する。
小数点以下切捨て。
最高速度ブースト時の加速度と最高速度に影響。
ブースト容量ブーストゲージの最大容量。
ブーストチャージブーストゲージの回復速度。
積載量130%装備の搭載猶予。
積載量の最大値と装備の総重量の差で
「ブースト効率」(ブースト開始時の固定消費量と巡行時消費量が減少)と
「ダメージ軽減」(シールドには無効)が変動する。

ブースト効率(余剰積載の50~149で1%150~249で2%と続き、MAXは20%)
過剰積載によりマイナスも発生する。
過剰積載の10ごとに1%と余剰によるボーナスよりも厳しいため注意。

ダメージ軽減(余剰積載の100ごとに1%、MAXは20%)
過剰積載によるマイナスも発生する。
過剰積載の200ごとに1%とこちらは余剰ボーナスより少し猶予がある。

積載量-装備重量=余剰積載 連射速度と同様小数点を含め判定される。
(過剰積載9でもブースト1%マイナスになる等)
緊急帰投性能初期値に
より変化
緊急帰投に必要な時間短縮。
上限まで強化すると緊急帰投時間を25%短縮できる。
緊急帰投についての数値能力は各種検証参照。

特性強化 Edit

  • 設計図を素材として、機体特性のレベルアップが可能。
  • 強化対象の機体が、特性を持っている必要がある(初期支給の機体は特性を持っていないため強化不可)
  • 特性レベルによって、次のレベルまでの必要EXPが異なり、レベルが高いほど必要EXPが増加。
レベル必要EXP累計EXP
100
2100100
3200300
4400700
58001500
  • レンタル要請書は 5 EXP、イベント専用特性強化チップ、シルバー設計図は 50 EXP、ゴールド設計図は 100 EXP、エクストラ設計図は 200 EXP。
設計図レンタル要請書シルバー設計図
イベント専用特性強化チップ
ゴールド設計図エクストラ設計図
EXP550100200
イベント専用特性強化チップ.jpgイベント専用特性強化チップ
売値:5250GP
特定のイベントで獲得できる機体のみに使用できる特性強化チップ
※イベント終了の翌メンテナンス時に削除
  • 3レベル以下で、次レベルが残り50EXPの時にゴールド設計図を使用すると、余りの50EXPは繰り越される。

レベル Edit

レベルは機体強化によって増えているパラメータによって変動するが、目安であると同時にエネルギー回復量の費用が変化する(レベルが高いほど費用も高くなる)。
最低レベルは全てのパラメータが初期値・未強化である配布機体のレベル1。
レベル1機体のパラメータの一つだけを最大まで強化するとレベル16(強化分15+最低値の1)になる。
U.C. LEGENDARYにて最大値まで強化された機体がレンタルされ、その最大レベルは91である。
また、レベルの上がり易いパラメータ・上がり難いパラメータの存在は確認されていない。

武器強化効果 Edit

  • 武器強化回数は初期 10回だが開発素材のマスターデバイスを必要数消費することにより機体ごとに 15回まで拡張が可能。
名称強化上限効果
威力110%10分の1のダメージを与える(切り上げ)
集弾性能初期値+(1000-初期値)x0.1
初期値+(1000-初期値)x0.2
最大射程距離での照準位置への着弾のまとまり具合
数値が高いほど照準位置近くへまとまる
ビームライフルやマシンガンなどはx0.2
バズーカやショットガンや掃射やロンビはx0.1
射程距離110%,120%弾の飛距離、単位はm
リペアトーチのみ120%
連射速度武器により変化弾の発射間隔。高いほど短くなる
リロード初期値+(1000-初期値)x0.1
初期値+(1000-初期値)x0.2
一度のリロードにかかる時間。(1000-リロード値)/100[sec]。
高いほど短くなる。
榴弾・焼夷榴弾・カメラガン及び一部武装はx0.1
ロックオン110%,120%ロックオン時の照準と敵機の距離に影響。高いほど敵機から離れなくなる
1000のものは強化できない
ロンビと呼ばれる物はx0.1
回復量110%,135%リペアポッドは110%
弾薬BOXは135%まで上昇、弾薬BOXの場合は回復量/10%回復
効果範囲110%,120%レーダー範囲(半径1/10[m]),爆風ダメージを与える範囲は110%
設置式対空砲のみ120%(迎撃範囲)
効果時間110%効果を発揮し続ける時間(値/1000[sec])
稼動時間110%,120%設置物が稼働し続ける時間(値/10[sec])
設置式対空砲のみ120%
耐久力120%設置式対空砲のアーマー値
ロック範囲110%ミサイルランチャー使用時のロックオンサイトの大きさ。
数値が大きいほどロックオンサイトが大きくなる

連射速度 Edit

検証によりフルオート系の連射速度の数値の関係性が分かったので載せておきます。

連射速度1発の発射フレーム数
(1秒間 = 60F)
1355?~136717F
1368~1380?16F
1381~139315F
1394~140614F
1407~141913F
1420~143212F
1433~144511F
1446~145810F
1459~14719F
1472~14848F
1485~14977F
1498~1510?6F

上記式より1466は1472まで上げると火力が12.5%増、1447は12上げて1459から連射速度が上がるのが分かる。
なお小数点以下切り上げの為か1471の表示でも効果がある事も報告されている。また繰り上がらないと強化しても意味が無い模様。
小数点以下の計算が変わったのか上の表の数字と一致しないとの報告が増えてきた。プレイ環境誤差の可能性が高いため閾値付近では演習などでの確認を強く勧める

基礎連射速度
発射フレーム数
最高連射速度
発射フレーム数
1137
(F)
1181
(F)
1184
(F)

(F)
1263
(F)
1295
(F)
1342
(F)
1366
(F)
1360
(17F)
1381
(15F)
1381
(15F)
1401
(14F)
1421
(12F)
1437
(11F)
1447
(10F)
1460
(9F)
1453
(10F)
1465
(9F)
1460
(9F)
1472
(8F)
1466
(9F)
1477
(8F)
1468
(9F)
1479
(8F)
1480
(8F)
1490
(7F)
1484
(8F)
1494
(7F)
1491
(7F)
1500
(6F)

ロックオンと緊急回避 Edit

2019年12月18日の調整の調整で2段階ロックオンと緊急回避が実装された。


2段階ロックオン
[ロックオン距離による性能補正]が付いた武器はロックオンが2段階となる。
ロックオン1段階目はいわゆるガバガバで、2段階目は赤色のエフェクトがかかりロックオン値が著しく向上する。
一部の武装は[ロックオン距離による性能補正]の内容が変わり、2段階目のロックオン中に発射すると発射後の弾道が敵機の方向へと修正されていく。
2段階目のロックオンになる距離は武器強化で上昇せず、武器により固定。
ショットガン等の散弾武器や掃射型武器などでも2段目でロックオン値が高くなるが集弾性が上がるわけではない。
狙撃系、格闘系は2段階ロックオン適応外(今後適応される可能性もある)。


緊急回避
緊急回避を行うと、敵味方に限らずロックオンが外れ(味方リペアトーチのロックオンも外れる)、瞬間的に被ダメージと被DPダメージを大幅に軽減し、[ロックオン距離による性能補正]による弾道の修正を無効化する。
初期設定で[X]キーもしくは移動キー[WASD]を2回入力すると発動する。
以下の場合は発動しない。

  • エース搭乗時
  • オーバーヒート中
  • 自機が水中にいると判定されているとき
  • スロウ効果を受けているとき
  • 運搬中
  • サブフライトシステム搭乗中
  • 緊急帰投中
  • 攻撃行動が行えないとき(被スタン中、チェーンマインを受けているときなど)

緊急回避1.jpg
緊急回避のボタン設定は「オプション」⇒「操作方法」から設定可能。

緊急回避2.jpg
「移動キー2回押下時の操作」では以下の通りに動作する。

ON タイプA移動キー2回押しでダッシュ
ON タイプB移動キー2回押しで緊急回避
OFF移動キー2回押しでアクションしない

武器・機体強化計算機 Edit

武器や機体の強化上限値を計算出来ます。
http://msgocalc.web.fc2.com/index.html

リセット Edit

■ 機体強化リセット

  • GPを消費することで、機体を開発時の初期状態に戻すことが可能。
  • あくまで開発時であり、設計図状態に戻すわけではない。
    (初期性能値や機体特性が不満でも、それらを初期化することは出来ない。)
  • 機体強化に使用した素材やチケットは返却されない。
  • リセット費用は、設計図の色や機体コストによって変化する。
    機体コスト銀設計図(GP)金設計図(GP)
    1605,4008,100
    1806,0009,000
    2006,6009,900
    2207,20010,800
    2407,80011,700
    2608,40012,600
    2809,00013,500
    3009,60014,400
    32010,20015,300
    34010,80016,200
    36011,40017,100
    38012,00018,000
    40012,60018,900

■ 武器強化リセット

  • GPを消費することで、武器を初期状態に戻すことが可能。
  • 武器強化に使用した素材やチケット、GPは返却されない。
  • リセット費用は一律1,000GPの模様。

エクストラ設計図とエクストラボーナス Edit

  • エクストラ設計図
    イベントにてエクストラ設計図が入手できる。
    エクストラメカニックチケットが利用でき、機体強化後に機体性能にエクストラボーナスを付与できる。
    機体特性を上げる場合、銀50、金100に対しエクストラ設計図は200。
  • メカニックチケット
    エクストラ設計図ではマスターメカニックチケット、セクションメカニックチケットβ、
    エクストラメカニックチケットβを使用した場合、成功率が大成功100%で固定される。
    機体開発(マスターメカニックチケットのみ)、機体強化、武器カスタマイズにも大成功100%が適用される。
    メカニックチケットやセクションメカニックチケットα、エクストラメカニックチケットαでは適用されない。
  • エクストラボーナス
    本体を30回強化後(ACに拠る増加分は無関係)に下記項目から1項目だけ選んでエクストラボーナスを付与することができる。(材料、チケット不要)
    上昇値は「未強化の値×上昇割合」で計算され上乗せされる。(APで検証)
    上昇値は性能上の数値で表示されることはない。
    付与したエクストラボーナスは強化リセットした場合のみ変更可能。
  • エクストラボーナス値
    項目ボーナス値
    最大アーマー値上昇3%
    最高速度上昇1%
    ブースト容量上昇3%
    ブーストチャージ上昇3%
    緊急帰投性能上昇5%
    ※最高速度以外、最大値大成功1回分。

メカニックチケット Edit

名称売値説明
メカニックチケット.png250GPメカニックに作業を依頼するために必要なチケット
メカニックチケット
マスターメカニックチケット.png3500GPメカニックに作業を依頼するために必要なチケット
優秀なメカニックが担当に付きやすく、作業の成功率が高まる
※マスターメカニックチケットのみチケットの複数使用ができる。
一枚増やす事で8%大成功確率を増やす事ができ、
最大5枚まで使用できる。
(1枚+4枚追加=最大32%増加させる事ができる)
マスターメカニックチケット
エクストラメカニックチケットα.png1000GPエクストラ設計図にのみ使用できるメカニックチケット
※メカニックチケットより20%大成功率が高い
※イベント期間が過ぎた時に削除される
エクストラメカニックチケットα
エクストラメカニックチケットβ.png2000GPエクストラ設計図にのみ使用できるメカニックチケット
優秀なメカニックが担当に付きやすく、作業の成功率が高まる
※マスターメカニックチケット相当
※イベント期間が過ぎた時に削除される
エクストラメカニックチケットβ
セクションメカニックチケットα.png1000GPメカニックに作業を依頼するために必要なチケット
優秀なメカニックが担当に付きやすく、作業の成功率が高まる
※メカニックチケットより20%大成功率が高い
※新シーズン開始時に削除される
セクションメカニックチケットα
セクションメカニックチケットβ.png2000GPメカニックに作業を依頼するために必要なチケット
優秀なメカニックが担当に付きやすく、作業の成功率が高まる
※マスターメカニックチケット相当
※新シーズン開始時に削除される
セクションメカニックチケットβ
 旧チケット

チケット初期成功率。
部隊に所属している場合、所属している部隊のレベルによって加算される。
詳しくは部隊の項目を参照。

チケット名開発強化入手方法
大成功成功失敗大成功成功失敗
メカニックチケット30%70%0%40%60%0%ショップ購入 (500GP・1枚)
ガシャコン(DX除・4枚)
戦闘終了後の報酬
エクストラメカ
ニックチケットα
50%50%0%60%40%0%イベント報酬
セクションメカ
ニックチケットα
使用不可
マスター
メカニックチケット
80%20%0%90%10%0%ショップ購入(200BC・1枚)
ガシャコン(1枚)
デイリーガシャコン(1枚)
パイロットパス(1枚)
エクストラメカ
ニックチケットβ
100%0%0%イベント報酬
セクションメカ
ニックチケットβ
使用不可

チケット成功率の変化例(武器強化) 強化の度合いによって成功率が変化するので参考程度

強化ゲージ
増加割合
メカニックチケットセクションメカニックチケットα
エクストラメカニックチケットα
マスターメカニックチケット
セクションメカニックチケットβ
エクストラメカニックチケットβ
大成功成功失敗大成功成功失敗大成功成功失敗
0%40%60%0%60%40%0%90%10%0%
10%36%64%0%56%44%0%86%14%0%
20%32%64%4%52%48%0%82%18%0%
30%28%56%16%48%52%0%78%22%0%
40%24%48%28%44%48%12%74%26%0%
50%20%40%40%40%40%20%70%30%0%
60%16%32%52%36%32%32%66%32%2%
70%12%24%64%32%24%44%62%24%14%
80%10%16%74%28%16%56%58%16%26%
90%10%10%80%24%10%66%54%10%36%
100?%10%10%80%20%10%70%50%10%40%

あくまで目安だが、ゴールド設計図機体をマスターチケットのみで強化した場合の機体レベルは
開発時成功ならLv55~70程度、開発時大成功であればLv60~Lv75程度。
シルバー設計図とメカニックチケットの組み合わせだと、開発時成功+20回強化でLv20~Lv30程度になる。
内部的には大成功は5%以下になってる時は必ず5%からスタートしてると思われるその場合は部隊補正が入らない可能性があります(要検証)

部隊の+10%が廃止され、基本に+10%される様になった事で最低値が10%になった模様
メカニックチケットの大成功+20%がセクションメカニックチケットα系、大成功+50%がマスターメカニックチケット系
(大成功の確率が上がる為、その分の失敗の確率が減少している。成功率の方には影響していないので後半では同値になる。)

 旧確率

メカニック一覧 Edit

オーダー
名前開発時セリフ大成功成功失敗
見習いメカニック開発を始めます。良かった、うまくいったみたいです!いい出来だと思います。善処はしたんですが……。
ジョブ・ジョン作業を始めます!うまくいきました!
この出来、どうです?
悪くないと思います。
使ってみてください!
…すいません。
モスク・ハン強化開始。これはいいデータがとれそうだ!
生きて戻ってこいよ!
ふむ、まあいい。使ってみてくれ
テム・レイでは、開発を開始する。いい仕上がりだ。ジオンめ、驚くぞ。これではジオンの技師に笑われてしまう!
リベリオン
名前開発時セリフ大成功成功失敗
見習いメカニック開発を始めます。良かった、うまくいったみたいです!いい出来だと思います。善処はしたんですが・・・・・・。
シムス・アル・バハロフ開始します。十分ではないでしょうか。完成です。いかがでしょうか。残念です。
フラナガン博士はじめよう。手ごたえありだ。まずまずだ。……
ギニアス・サハリンフフフ、待っていろ!技術少将の私にかかれば、
この程度は容易い。
君にはこれで十分だろう設備が悪いとこうなるのだ!

選ばれるメカニックはあくまでランダムな演出に過ぎないが、表の下側のキャラクターほど大成功時に選ばれる確率が高い。
Lv1メカニック:失敗~成功
Lv2メカニック:失敗~大成功
Lv3メカニック:成功~大成功
Lv4メカニック:大成功
出現時の期待度は、おおよそこの対応になる。
無論、Lv1メカニックで大成功、Lv3~4メカニックで失敗することも稀に存在する。

マスターデバイス Edit

マスターデバイス.png

  • マスターデバイスは、大規模戦戦闘報酬でのみ出現する。
  • 武器強化上限拡張
    • 開発素材「マスターデバイス」を希望する機体に使用することで、その機体が持つすべての武器の上限を上げる事が出来る。
    • シールドでも可能。
    • 一つの機体に対する拡張上限の回数は5回(強化回数10⇒15)まで。
    • 「強化リセット」を行っても、マスターデバイスで拡張した強化回数上限はリセットされない。
武器強化回数必要個数累計個数
1000
1133
1247
13512
14618
15725
  • 武器開発
    • 特定の武器の開発に対してマスターデバイスを要する。
    • 同系統武器については初期開発のみ。
機体名武器名
ジム・ライトアーマービーム・ジャベリン
ジム・ガードカスタムビーム・スプレーガン(2挺)
ビーム・スプレーガンM(2挺)
ビーム・スプレーガンF(2挺)
ジム・インターセプトカスタム推力加速プログラム
ミサイルランチャー
アクア・ジム(トリントン)ハンドアンカー
陸戦型ガンダム胸部マルチランチャー[2連装弾]
胸部マルチランチャーM型[2連装弾]
胸部マルチランチャーW型[2連装弾]
胸部マルチランチャーF型[2連装弾]
ブルーディスティニー1号機腹部有線ロケットランチャー
ガンダムEz8スモークグレネイド
プロトタイプガンダムビーム・ジャベリン(投擲)
ガンダム5号機ジャイアント・ガトリングガン(L解除)
ガンダムEz8(WR装備)スモークグレネイド
ガンキャノン240mmキャノン榴弾砲(連射型)
240mmキャノン榴弾砲(連射型M)
240mmキャノン榴弾砲(連射型F)
240mmキャノン榴弾砲(連射型W)
機体名武器名
ヅダ135mm対艦ライフル
アッガイ格闘プログラム
陸戦型ザクⅡ(闇夜のフェンリル隊仕様)ラケーテン・バズ(特殊弾)
ザクⅡ改ダミーバルーン
スモークグレネイド
ハイゴッグツイン・ビーム・カノン
アクト・ザク(マレット機)専用ヒート・ホーク(二刀流)
専用ヒート・ホークT式(二刀流)
専用ヒート・ホークD式(二刀流)
専用ヒート・ホークDⅡ式(二刀流)
ゾゴックアーム・パンチL式
先行量産型ゲルググビームナギナタ(投擲)
ギャンハイド・ボンブ(斉射式)
ハイド・ボンブ(斉射式M)
ハイド・ボンブ(斉射式F)
シン・マツナガ専用ゲルググJビーム・サーベル(二刀流)

コメント Edit

【過去ログ】
Vol1 |


Show recent 10 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • 「2段階ロックオンと緊急回避」実装記念に新設。 -- 2019-12-18 (水) 12:17:25
  • 2段ロックオンと緊急回避やばくない?2段ロックオンでタイマンはショットガンとチャービがアホみたいに強くなってるし、緊急回避関してはもう緊急でも回避でもなく、近距離戦になったら連打だよね・・・それにライン戦だとこれまで、中近距離の弾幕戦も可能だったけど、少しでも近距離の間合いに入ると強烈なロックオンの集中砲火で瞬溶けする仕様で中遠距離しか出来なくない?まだ、初日だからこれから戦術も出てくるから評価は変わると思うけど。今のところヤバイ気がする・・・ -- 2019-12-18 (水) 20:00:09
    • ゲロビもかなり使いやすくなってる。 -- 2019-12-19 (木) 07:02:20
      • ゲロビは元々ロック前提武装じゃないからガバロックに強いし、近距離の強ロックに入れば必中だもんね・・・ -- 2019-12-19 (木) 08:31:43
  • 足の裏が水中に触れている状態でも水中判定になるのか緊急回避出来なかった。波紋出た時点で水中判定っぽい。 -- 2019-12-21 (土) 19:50:09
  • 赤ロになると武器ごと固定の値になるようだし、ロック強化は必要ないと割り切っていいのかな? -- 2019-12-21 (土) 20:04:57
    • それならそれで強化リセで鍛えなおし・・と思いきや赤黄ロック再調整します予告するのがこの運営のやる気のないところ -- 2019-12-21 (土) 21:27:39
      • 25日のロックオン値反映の調整 誰か検証してくれてる人いないかな -- 2019-12-26 (木) 04:29:07
      • 黄ロックは期待してたけど、ロック930以上でもたいして変わらんだ。 結局ロックは上げる必要ないままだから武器強化し直してた人は大勝利だな。 -- 2019-12-26 (木) 08:52:55
  • ブーストチャージだけどもうこれって今後一切0の無振りでいいの?少し上げたらブースト回復早まるとかないんだよね? -- 2019-12-26 (木) 04:31:00
    • 今はフル強化でもほんとに誤差しかないみたいだけど、死にステ化したから調整はいりそうな気がするし、、帰投がだいぶ低い機体以外ならわざわざ30枚以上マスチケ使って改造し直すほどではないから、しばらく様子見しといたほうが良さそう。今から強化する機体なら無振りでいい。 -- 2019-12-26 (木) 08:47:14
      • 回答ありがとう これからテコ入れしない限りは振らなくて一切問題ないってことか -- 2019-12-26 (木) 12:00:36
  • ところで現ロックオン仕様で移動射撃補助って機能してるのこれ? -- 2020-01-01 (水) 17:03:31
    • 自己解決したので結論を言うと 移動射撃補助は機能してたAOに15%ついてるのと12%武器だけやたら命中率が段違いだったので 普通に機能してると見ていい -- 2020-01-19 (日) 19:54:14
  • 新しい機体作って強化する時、hotの武器をとるためにいちいちポチポチして製造していくのがめんどいから、一気にできるようにして欲しい -- 2020-02-02 (日) 21:51:18
  • ブーストチャージってまだ 一の位 は切り捨てなの? -- 2020-05-05 (火) 12:20:34
    • 1ごとに反映されるよ -- 2021-01-13 (水) 01:11:34
  • 水中で緊急回避・・ふふっ・・できるようになったぜ・・(n*´ω`*n) -- 2021-06-06 (日) 22:51:39
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White